スポンサーリンク
ディッキーが初めて買った株 ~マクドナルド~ | 子育て世代のための株ブログ

ディッキーが初めて買った株 ~マクドナルド~

スポンサーリンク

今回の記事は、私ディッキーが初めて自分の
お金で買った株(マクドナルド)について
です。

もう買ってから6年経過したのですが、
実は未だに保有しています。

※クロス取引をしたため、取得原価は
 買ったときと違います。
 クロス取引とは、優待をリスクを抑えて
 取得できる取引(ざっくりいうと)です。

マクドナルド株 購入理由

私が買ったのは、2012年11月でした。

当時の株価は約2250円で、
優待利回が約3.11%とまあまあであること、
※株主優待1セット=3500円で計算

なにより私が当時、週に1回以上
バリューセットを食べていたことが理由です。

10年以上前、マックの食べ過ぎ?で
体重が今より10kg以上太ってしまった
時があったくらい、マクドナルドが大好き
です。

どうせマクドナルドでセットを食べるんだから
株を買って優待をもらったほうが
オトクじゃん!!と軽い気持ちで
買ってしまいました。

妻からは、
「マックよりOLC(ディズニー)買ってよ」
とのブーイングがありました。

あの時、
(2012年当時、ディズニーの優待をもらう
 ためには約80万円必要だった)
「80万は高いな、20万程度で買える
 マックにしよう」・・・

もし、当時お金にもっと余裕があったらな、
現在の株価は2012年当時の約5倍・・・

2012年11月 2500円 
     ⇓
2019年6 月 13,625円

この時から妻の話は結構真剣に
株の取引の参考にしています笑

ちなみにマクドナルドの株価は

2012年11月 2250円 
     ⇓
2019年6 月 4,905円

それでも約2倍なんですね。

優待を12回程度、配当を7年もらい続けて
株価が倍になったら
本当にありがたいことです。

ただ、マクドナルドの株価は紆余曲折
ありました。

株主なのでリアルタイムで感じたことを
思い出しながら書いていきます。

マクドナルド 株価と出来事

2014年7月 ナゲット事件

記憶にまだある方も多いと思います。

この事件は、中国の食肉加工会社が
使用期限切れの鶏肉をナゲットに使用
していたことが発覚し、
ナゲットの売上はもちろん、
マクドナルドの客離れがありました。

株価 2960→2580(▲12.8%)

2016年1月 異物混入事件連発

正直マクドナルドに限らず、どの飲食店でも
発生する異物混入ですが、
なぜかこの時期に異常にテレビで
マクドナルドの異物混入のニュースが
流れました。

今でもなぜこの時期に取り上げられまくって
いたのかわかりません・・・

株価 3070→2215(▲27.9%)

2016年7月 米マック(親)が売却?

日本マクドナルドの親会社である
米国マクドナルドが日本法人をファンド等
へ売却しようとしている、と
報じられました。

当時はこのニュースは好感され、
一時的に株価は急騰しました。

株価 2704→3435(+27.0%)

2017年~ ファミリー層向へ方向転換

ファミリー層を呼び込むため、
以下の施策を実行しました。

・全席禁煙化
・店舗のモダン化
(汚かったが、きれいな店舗が増えた)
・ハッピーセットおもちゃの強化
(私の印象。仮面ライダー、プリキュア、
 ドラえもんなど人気キャラが増え、
 図鑑など本も選べるようになった)

私たち家族も娘が3歳くらいから
「ハッピーセット食べたい!」と
好きなおもちゃがでたら何回も食べて
数体のおもちゃをそろえたり・・・

娘の幼稚園の友達も同じような感じで
おもちゃの見せあいっこをしたり、
一緒におもちゃで遊んでいました。

ファミリー層の呼び込みは大成功!!

株価 3080→4905(現在)(+59.2%)

まとめ

マクドナルドに限らず、誰もが利用したことの
ある飲食チェーン店の株は、
悪いニュースが出て株価が急落したときに
買うと、その後の業績回復で儲かりやすい
かもしれません。

もちろん、業績が回復しない可能性や
もっと悪くなることだってあります。

しかし、ナゲット事件なんて言われて
思い出した人が大半ではないですか??
時がたてば忘れてお客は戻ってきました。

ただし、マクドナルドのような
誰もが何度も利用したことがある店
ないと通用しないです。

他の業界でも、その業界のNO1企業が
マックのようなことがあったら
買い時を狙っていきたいと思います。

スポンサーリンク

今回の記事が参考になったら応援クリックしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました