スポンサーリンク
エナフン流株式投資術の紹介!<br>投資初心者向の書籍 | 子育て世代のための株ブログ

エナフン流株式投資術の紹介!
投資初心者向の書籍

スポンサーリンク

株デビューはしたけれど、どうすれば上手にな
るかわからない、
株の初心者で、株の本を読んで勉強したいが、
どんな本を読んだらよいか分からない、
という方向けの本の紹介記事になります。

その前に、著者について簡単に紹介します。

著者は「奥山月仁」通称エナフンさんです。

「エナフン」は名前を付けた当時の1歳の
娘さんが何気なく口から出た言葉から
付けたとのこと。

以降は「エナフン」さんと呼ばせて
いただきます。

エナフンさんの投資手法は一言でいうと、

3~5年程度利益の成長が見込める銘柄に
 集中投資し、長期的な株価上昇を狙う

手法になります。

元々はアメリカの超有名ファンド
マネージャー、ピーターリンチの
手法を取り入れて投資を
していたのですが、
紹介されている銘柄が古く、
アメリカの企業ばかりなので、
現代日本でもピーターリンチの手法が
使えるようにご自身でアレンジして
投資手法を説明しています。

※もちろん、ピーターリンチの本もかなり
 オススメです。
 2冊ほどありますが、今後紹介したいと
 思います。

一番大事な投資のキモについて

成長期待のある企業を探し、割高でない
水準で買って、後はガマンするだけで
アマチュアでも勝てる!!

これが投資のキモです。

順に私なりに説明させていただきます。

成長期待のある企業を探す

これは後述する「つなげよう分析」で
長期投資するべき企業を選抜します。

割高でない水準で買う

一番わかりやすいのはPERだと思います。

どんな成長企業でもPER50倍とか100倍で
買うのは今後の株価成長は見込みにくいです。

なぜならこの先数年後、下手すると10年先
くらいまでの利益成長が期待されているため、
株価が上昇するにはこの高い期待を超える
さらなる成長をするか、
相場全体が上昇するか、となります。

エナフンさんは
「PEGレシオ」という指標を紹介しており、
これは、直近の予想PERを、
今後3~5年の予想成長率で割った値です。

この予想成長率は自分で分析して
自分なりに計算する必要があります。

誰も答えは出してくれません。

他の人が出してくれても、
結局自分で本当にそのくらいか、
考える必要があるので同じことです。

PEGレシオの説明として、例えば、
PER10倍で予想成長率10%なら

10÷10=1倍

PER10倍で予想成長率が20%なら

10÷20=0.5倍

PER10で予想成長率が5%なら

10÷5=2倍

となります。

この数値が0.5以下で超割安、
0.5~1で割安、
1倍を大きく超えてくるようなら
割高となります。

よって、PEGレシオが0.5~1.0の銘柄を
探していく作業が必要になります。

後はガマンするだけ

意外とこれが一番難しいです。

日本の市場はボラティリティが高く、
値動きが大きく速いです。

逆指値等損切注文を全て成立させて、
(短期投資家で買方をみんな売らせて)
なんでもない日にいきなり急騰して、

「あー、持っていないのに上がっちゃたよ」

といったことはよくあります。

エナフンさんは株の上がるタイミングは
わからないので、
成長株を見つけたら短期的な
値動きに惑わされることなく、
成長が止まるか割高になるか等、
自分の売るルールに抵触するまで
ガマンするように言っています。

だから、20%(下手すると50%)の
下落は許容するメンタルを鍛える必要が
あるのです。

つなげよう分析について

つなげよう分析とは、
株に必要なスキルの頭文字を
まとめたものです。

一つ一つ説明します。

強みを知れ

自分の強みを知ることが大事です。

仕事の知識、自分の好きなことから
関連企業を調べ、
プロ投資家よりその企業を知っている
強みを生かしましょう。

流れを知れ

株価を動かす大きな3つの流れを
説明しています。

成長株を割安時に買うべきと、
4パターンを挙げて説明しています。

また、数年で10倍になる株でも、
時に20%程度急落するので、
忍耐力も大事と説明しています。

原理を知れ

株価が動く原理を以下の数パターンとして
説明しています。

・未来を反映する
・リスク
・金利
・企業の純資産

弱みを知れ

自分の弱みを理解して克服しましょう。

例えばサラリーマンは日中株をチェック
できないので短期トレードの世界では
「弱み」となります。

よって、弱みを克服できる投資戦略を
考える必要があり、
それが長期投資と説明しています。

また、最後に下げ相場の対処法の説明が
あり、ギャンブル依存症の診断があるので、
チェックして該当が多い人と
初心者は熟読した方がよい
章になります。

ウラを取れ

5つの中で一番重要です。

成長性と健全性(財務面)はもちろん、
商品・サービスは長く売れ続けるのか、
外部要因(景気、政治等にどれだけ
影響されるのか)について、
経営者はどんな経営を目指しているか、

ざっと以上を調査してウラを取りましょう、
と説明しています。

このうち成長性について、
四半期単独の決算をチェックして比較する
ようにしていますが、
これはエクセルで計算しなくとも、
株探のホームページで調べればすぐ
わかります。

株探は本当に便利よく使います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

簡単な説明となりましたが、
この本を何度も読んで
いざ内容を実践してみると、

「ああ、こうやって分析していくんだ」

分析の第一歩が踏み込めるはずです。

初心者の方、投資本を探している方には
本当にオススメの一冊になります。

また、読んだら内容を絶対実践して
ください。

長期投資には必ず役に立つはずです!


スポンサーリンク

今回の記事が参考になったら応援クリックしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました